モンスターハンターの世界の魅力。
それは綿密に描写された世界観。

それを支える要素の一つ「フィールド」。

作品毎にハンターを魅了するその大自然。
シリーズの思い出と共に振り返ってみたいと思います。

 

fld41s

 

 

すべての原点モンスターハンター

3までの基本的なフィールドイメージは既にここで完成されていました。
ひとつのフィールドでもエリアによってはガラリと変わる様相。
大自然の懐の広さを感じられます。

無印のフィールドと言ったらばもうこれ。

morioka1s

「森と丘」です。

 初めて降り立つ大地。
目の前に広がる緑。
そしてそこには肉・・・じゃなくてアプトノス

狩りを学び、強敵とも激戦を繰り広げたフィールド。
やはりここが一番思い出深い場所です。

morioka2s

 一番奥のエリアが大好きでね。
ついつい用もないのにいってしまったりするんですよね。

変わって正統進化を遂げたモンスターハンターdos

本作の目玉はやはり鳴り物入りで追加された「雪山」

yukiyama1s

この雪山は当時ユーザーの待望論が大きかったんですよね。
火山と対になるもうひとつの極地

yukiyama2s

雪山の魅力はやはりその多面性
春の芽吹きを感じさせる麓。
寂静たる氷穴。
そして極寒の世界。

yukiyama3s

不気味な抜け殻の横たわる山頂。
こんな場所でひっそりと咲いている七色たんぽぽ
思わず顔も綻びます。

 dosでの思い出深い地はもうひとつ。
辺境の地・「塔」

tou1s

 

初めてここへ来た衝撃は大きく。
今までにはない朽ち果てた人工物。
採取や採掘で得られる貴重な素材の数々。

幻のロマンが詰まったフィールドでした。

お次は原点回帰が意識されたモンスターハーンターtri
モンスターやフィールドの生態系や世界の深みにより拘った作品でもありました。

第2の原点とも言える「孤島/モガの森」

kotou1s

多くの生命の息づく美しい大地です。
もっともMH3Gでは多種の生命体がひしめく魔境になっていましたが。
セガレのせいで。

kotou1s

そして孤島と言えばです。
あの蒸し暑い夏の日。
照りつける日差しの下、澄んだ青い海に飛び込む快感
忘れられません。

「水没林」の大瀑布にも大自然の大きさを感じたものです。
鬱蒼と生い茂る熱帯雨林の木々。

suiboturin1s

そして渺茫たる砂の海「大砂漠」

daisabaku1s

船上の狩りを期待していたのはありますが、なんといっても砂のですから。
果なる巨大な獲物の狩り、それは祭り
人間の原始の姿でしょう。

daisabaku2s

作品の切り替わりごと、新鮮な驚きと豊饒なる大自然がハンターを迎えてくれます。
新ナンバリングとして登場するモンスターハンター4
新たなるフィールドはどんな形を見せてくれるのでしょうか。

fld42s

 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ

ブログランキング応援よろしクエ!

 

LINEで送る

【PR】モンハン関連商品

【MH】MHの世界・フィールド編 への1件のフィードバック

1
1

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ
ブログランキング参加中クェ!