モンスターハンターの世界の主役。

やはりなにをもってもそれは個性豊かな「モンスター」でしょう。

時に恐ろしく時に愛嬌溢れるモンスター達。
今回は、シリーズにおけるその変遷と思い出を綴っていきたいと思います。

 

kukkus

 

 

 

 

力と生命の象徴‐飛竜(ワイバーン)-

このフレーズが示す通り、無印/Gにおいての大型モンスターは全て飛竜型でした。(龍種を除く)
飛竜と書いてワイバーン
飛ぼうが飛ぶまいが、前脚や前腕が翼というシルエット。

grabis

 

 このデザイン方式がMHのモンスター観を決定づけるものとなりました。
正統派古典ファンタジーとも、モダンクリーチャーとも違う独特な個性を確立。
既存のゲームのありがちなモンスター像からの脱却。
その動物とも怪物ともつかないデザインは、恐ろしさと共にどこか愛嬌を感じさせてくれます。

 

ganos

 

このモンスターの統一感は世界の輪郭を見事に際立たせました。
ワイバーンタイプであれば何でもあり

とりあえずワイバーンタイプはMHっぽくて世界に合っている。
この印象派で多少の不自然さは勢いで押し切ってます。

お前は飛ばなくていいだろ
お前のそれヒレだろ
などと言った突っ込みは無粋なのです。

 さて、無印で最も印象深いモンスターはやはりこの方。
キングオブモンスター、ミスターモンスターハンター・リオレウス。

reusus

 

 のんびり卵運中に初遭遇した時あの衝撃

染み付いたその恐怖は未だに拭えません。
作品を重ね、立ち位置や強さが変わってもリオレウスは力の象徴。
王者」なのです。

余談ですが、逃げの王者などともも揶揄されるリオレウス。
無印では近作以上の逃げっぷり。
ハンターの攻撃が届かない空中行動がメインでした。
この時代の基礎体力の多さも相まって、時間切れクエスト失敗が頻発したものでした。


しかしこの特性。
実は今以上に爆弾、閃光玉、落とし穴等のアイテムを決める機会の多い側面もありました。
これらを使いこなすことで、討伐の難易度は劇的に変化します。


技術装備、そして知識
正面突破だけではない、あらゆる手段や環境を活かした戦い。
狩りというシチュエーションを感じさせてくれるモンスターもまた、リオレウスだったのです。

 

 

anas

 

 

 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ

ブログランキング応援よろしクエ!

 

LINEで送る

【PR】モンハン関連商品

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ
ブログランキング参加中クェ!