ナンバリングシリーズではお馴染みの「街」
集会所とはまた少し違った雰囲気をもつ「もうひとつの拠点」

残念ながらMH4ではこの要素は受け継がれませんでした。
MH3/MHG(Wii)の終了をもってこのシステムも一旦終わり。

今回は、生まれては消えていく儚さを持った「街」を振り返ってみます。

 

4shuus

 

 


ミナガルデ MH/MHG

1machi1s

 

街といばコレ。


いやぁ、村で「街は都会」だなんだと聞いていたんですけども。
何故か切り立った崖に作られていたりして、都会と言うには微妙なラインですが。


それにしても「ミナガルデ」なんて名前はゲーム中にあまりでてこないんですよね。
大体この時点では「街」「街」しかない訳で。
MH「街」と言ったらこの「街」なんです。


無印の時点ではまだまだ施設の利便性も今ほどではなく。
買い物、着替えや食事、装備の強化生産、クエスト出発。
街中をそこそこ走り回っていた記憶があります。


それでも中心はやはり酒場

1sakaba2s

 

酒場の機能は主にクエストカウンターなんですけどね。
でもやっぱり酒場なんですよ。

1sakaba1s

 

ここが溜まり場。
ここで出会い、ここで語らい、になったらクエストへ行く。


ハンター生活もう十年。
一体何千時間をここで過ごしたのでしょうか。

もうなんか無印Gの思い出って酒盛りの記憶しかない気もします。

 

ドンドルマ MH2

2machi1s

シリーズ屈指、花の大都会
前作のミナガルデとは打って変わって「遊べる街」ドンドルマ。

腕相撲、射的、釣り、街門採取、ライブ、大闘技会。
様々なミニゲームが盛りだくさん。


2machi2s


ひとたび街を古龍が襲撃すれば戦闘モードに。
なんとなく街の空気もピリピリします。

2sakabas


リアルタイムに変化する季節や昼夜。
変動するモンスター報酬金。


ハンター同士が様々なものを共有する場
そういう意味ではドンドルマは最も街らしさを持った街なのではないでしょうか。


「おい急げ、夜になったらマップがひどいぞ
「いつの間にか季節変わってて腹壊した

などとあまり嬉しくない共有感もありましたが。





あと大老殿

 

 ロックラック MH3

3machis

砂と石の街「ロックラック」
海に浮かぶ「モガの村」との対比が、MH3全体のイメージに深みを持たせてます。


施設等は遊び満載のドンドルマに比べシンプルに。
それでもオンライン専用の「交換屋」「インテリア屋」「日替わり特売」などがありました。


特にインテリニャーにはインテリニャーされてクエストから帰ってくる度にインテリニャー!


3sunas

そしてロックラック名物「砂嵐」
この時ばかりはハンター達も浮き足立ち。
祭りじゃ祭りじゃ男の祭りじゃあ!


最初の頃は気づかなかったんですけど、じみーな予兆があるのが憎い。
こういったお祭りイベントは大好き。
ローカル基準のシステムではなかなか難しいんでしょうけどねえ。
なにかしら同じような共有感のあるイベントやシステムを望みたいですね。

番外:タンジアの港 MH3G

3gminatos

MH3Gの街的ポジション。
ていうか機能的には「街」ですよね。


とにかく基本コンパクト
必要な施設がギュギュッと凝縮されて、非常に機能的に作られてます。

3gminato2s]

街のイメージからすると、その狭さに寂しさを感じたりもしますが。
反面、コンパクトになった分細かい背景が凝っていたりもします。

銅鑼やチケット、ふらっとハンターさんなど、機能も意外と豪華だったりするんですよね。



MH3GHDでは完全に「街」の役割になってますが。

4人しか入れない
・座るとチャットができない
・郵便屋さんがうるさい

以外は概ねイイ感じでした。

オンラインゲームとしてのMHにとって「街」はやはりホームです。
仲間との語らいや一期一会の思い出、そして寝落ち
今となっては全てが良い思い出です。

MH3MHG(Wii)はまだ(13/08/27現在)稼働中です。(ライセンスの販売は終了しました)




それにしても。

あのチャットシステムでよくやったなぁ…。(遠い目)

machis

 

 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ

ブログランキング応援よろしクエ!

 

LINEで送る

【PR】モンハン関連商品

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ
ブログランキング参加中クェ!