香川県佐柳島
・通称「ネコの島」

MH4ご当地CMでお馴染みとなったこのネコの楽園

多くのアイルー達が迎えてくれるこのパラダイスをご紹介します。









佐柳島は瀬戸内海に浮かぶ周囲7kmに満たない小さな島
香川県多度津町に属し多度津港よりフェリーで行くことができます。

 DSC00973


DSC00984


1日4便
。 桟橋にあるこちらのポップな乗船券売り場が目印です。 
ネコの尻尾でしょうか。

DSC00987

DSC00985


切符は出航10~15分前から。
ネコは「本浦港」がメインになります。


「本浦港」と「長崎港」は徒歩15分程度の距離。
あまり必要はないかもしれませんが、自転車は片道250円かかります。

またフェリーの他に佐柳島側からの定期便・徳丸が就航しています。
こちらは昼12時に多度津港を出航します。


このファンシーな船が「新なぎさ丸」
 
DSC00994
なんだかよくわからないけどド派手です。

「さなぎ島」「なぎさ丸」なのでちょっと紛らわしい

新なぎさ丸船内
DSC01005

DSC01006

DSC01001




新なぎさ丸内の様々な場所にキュートなペイントアートが施されています。

DSC01014

DSC01008

色々探してみるのもいいかも。



DSC00996
遥かみゆるは瀬戸大橋

DSC00999
瀬戸内の島々。
断崖だらけですね。

DSC01025
そしていよいよ船は佐柳島・本浦港に到着。


こちらが佐柳島の大まかな地図になります。

DSC01024
そうそう道に迷うようなものではありませんが
南が本浦、北が長崎。


さっそく第一ネコ発見
DSC01030
というかダブル
アイルー&メラルーでしょうね。


DSC01039
ふと辺りを見回せばネコ

 


DSC01036

塀を見ればネコ



DSC01042

角を曲がればネコ

 


DSC01038

闊歩するネコ



DSC01040
くつろぐネコ



DSC01043
気ままに遊ぶネコ


うーんアイルーパラダイス


 

主に飼い猫がメインで、非常に人馴れしておりあまり警戒されません。
優しく近づけば撫でたりもふったりあんなことやこんなことがし放題です。
DSC01197

 

 


本浦周辺では15匹程度の群れが3単位いるようです。
それぞれにナワバリがあって、ネコスポットが存在します。



まずは本浦港から正面に突き当たって右手側(北)の道
DSC01116

ご当地CMでお馴染み「ネコバァちゃん」の方のネコ達。


DSC01214
ひなたぼっこ真っ最中


DSC01099
ダラ
けています

 

DSC01114
ぽかぽか陽気に誘われて

 

DSC01109
仲よさげ

 

DSC01121
子猫キリッ


DSC01218
れうす号
が気になるようす


 

DSC01202
怪しいヤツ
を発見!



DSC01209
ついに征服されるれうす号

 



 

お次は港から左手側(南)の商店前の群れ。
DSC01248




DSC01047
この貫禄




DSC01050
しなやかな動き




DSC01055
ネコの道しるべ?



DSC01173
見張られてる?!




DSC01182
こっちでもダラダラしています


 

DSC01184
冬は日向でまるくなる


DSC01188



歩いていると一定の距離を保ってついてくるネコたち



DSC01187
ちょっとプレッシャーを感じる…




  

そして同じく左手側の海岸辺りのネコ集団。
DSC01244



DSC01086
海に生きる


DSC01072
餌もぐもぐ



DSC01070
勿論この側溝の中にも、ねえ…

 

DSC01076
ムム
、あれは…


 

DSC01078
やっぱり
いた



DSC01091
1匹見かけたら3匹はいる
と思え
もっといるけど

 


 

ネコ地帯を抜けてさらに西に向かうと墓地があります。
 この墓地は「両墓制」といい、「埋め墓」「詣り墓」が分かれてるという珍しい形式が現存しています。

DSC01060
手前が「埋め墓」奥が「詣り墓」

この「両墓」は島に2箇所あり、県の有形民俗文化財ともなっています。


 

 

と言う訳で、本浦より長崎方面へ向かってみましょう。

ちなみにネコに関しては「長崎は少ない」とのこと。

DSC01122

ちなみに長崎までは2km程度の距離になります。

 

DSC01125
こちらが長崎港。


DSC01124
美しい夕日の写真が並んでいますが、こちらは「ネコバァちゃん」の弟さんの作品だとか。


そして長崎港にも「います」
DSC01130



DSC01128
ニッコリ



DSC01134
行く手に現れる



DSC01137
メラルー!

 


 

こちらのネコもゆっくり歩いてるとチョコチョコついてきたりします。

DSC01159
長崎のあたりの裏路地の雰囲気は素敵。


DSC01163

たまに「います」

 

DSC01157
ジー




 

こちらが長崎の「両墓」

ryobo1
「埋め墓」



ryobo2
「詣り墓」

 

この両墓からさらに奥へ向かうと。

なんだか危険な警告
DSC01156

 

DSC01147
島の裏側に当るこの道は山と海に挟まれています

 


DSC01145
こっそり
山の中に…




DSC01155
こやつは完全に野良ですね。 警戒心が強くて近づけない




2kmほど進むと本当に道がなくなる

DSC01151

DSC01153
特に何があるわけでもないんですが、海が綺麗ですね




 

そんな感じの長崎をあとに、本浦に戻ります。

本浦ではご当地CMにご出演なされた「ネコバァちゃん」さんから色々お話を伺えました。

DSC01120

この方はネコを15匹程度飼われています。
育ての苦労佐柳島の話CM撮影の話を色々聞けました。


やはりCM放送後は知名度アップ。 遠くのご親戚の方からも「TV見たよー」と報告があったり。
汽船の方や島の方々も皆知っています

DSC01242

撮影の方は大変だったようで、飼いネコ以外を扱ったりナワバリの関係上ネコは中々言うこと聞かず。
エサで釣りながらなんとか集めてたそうです。


CMで左手に持ってるのは勿論エサです。
ていうかネコはモグモグしてます


やはりCM効果、またNHKで放映されたネコ番組の影響で観光客は増えたのこと。
特に土日などは20人規模で観光客がくることも。

DSC01224

ネコバァちゃんさんは大変親切かつ気さくな方で、コーヒー、お餅、みかんなどを頂きました。
ネコの面倒を見るのは大変なことも多けど、やっぱり子供のようでかわいい、と。


 ただ未だに「アイルー」が何なのかはよくわかってない様子なのはご愛嬌

 




そんなこんなのぽかぽかパラダイス、佐柳島ともお別れの時。

DSC01022
帰りはこちらの待合所で切符を購入します。



DSC01253
お見送りを受け、佐柳島をあとに。 うーん名残惜しい

と言う訳で瀬戸内に浮かぶアイルーたちの楽園、佐柳島
是非ともかわいいアイルーたちとふれあいに訪れてみてはいかがでしょうか。

DSC01195





アクセス

多度津港

電車
高松駅 − 予讃線快速サンポート(1時間1-2本 約30分)/各停(1時間1-3本 約1時間) − 多度津駅 − 徒歩約15〜20分 − 多度津港
善通寺I.C. − 一般道・約20分 − 多度津港





三洋汽船 時刻表(フェリー)
 

便

多度津

高見島

佐柳本浦

佐柳長崎

1

6:55

7:20

7:50

2

9:05

9:30

9:55

—-

3

14:00

14:25

14:50

15:15

4

16:20

16:45

17:10

—–

  

便

佐柳長崎

佐柳本浦

高見島

多度津

1

7:50

8:05

8:30

8:55

2

—-

10:00

10:25

10:50

3

15:05

15:25

15:50

16:15

4

—-

17:10

17:35

18:00

 
 
 
 



大きな地図で見る




 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ

ブログランキング応援よろしクエ!

 

LINEで送る

 

 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ
ブログランキング参加中クェ!

アーカイブ
【PR】