by こぐ tamago.jpg

【狩猟感謝祭】ガジャブーのお面作ってみたよ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

 

 

 

◎△×■!!(良いお面ができたぞ!!)

 

…ということで、狩猟感謝祭2018自主制作作品にてガジャブーのお面みたいなやつを展示させていただきました!

 

IMG_6424

 

熱い!暑かったね!

幕張メッセまでの道中すごく暑かった!!!!

てか、今ブログ書いてる瞬間もめっさ暑いけど!!!

ほんと、もう!

夏てサイコー!!!

 

サイコー!?

最高!?

そう、最高のお面……もとい、ガジャブーのお面の話なんです。

 

 

 

 

 

まずね、「狩猟感謝祭2018」

これ、なんぞ?っておもったら、要はモンハンフェスタみたいなやつらしいぞ、と

んで、思いました。

行く

 

で、自主制作作品の募集が始まってて

これ、なに?っておもったら、要は夏休みの自由工作みたいなやつらしいぞ、と

 

WS000012737

 

ふ~ん

なんでもいいんだ

ふ~ん

じゃあ、作るよね?

お面

 

だって、オトモのヤロウ、マイハウスでいつも楽しそうにろくろ回ししてるし

何が楽しいんだか

 名称未設定ゲームキャプチャスクリーンショット2018-07-16-13-48-25

 

 

応募期間は6/14(木)~7/2(月)

狩猟感謝祭の当日は7/15(日)

 

ふ~ん、今日から二週間じゃん

ま、一週間で原型作って、一週間で塗って完成かな

 

 

 

問題は、梅雨本番で毎日雨雨雨雨雨雨雨予報だったので、乾くかな?

 

まあ、作るならだいたいこんな感じの大きさになるなって思ってたけど、まあでも、さすがに塗装はベランダくらいでしかできないよね

で、ベランダって雨降ると段ボールとか置けないから、スプレー塗るときの目張りができないぞっと

まあそれは最悪室内で筆塗りでもいいとして、何色か色を塗らなきゃいけないので、乾かしては塗り、乾かしては塗り、ということになるので、結局乾かないじゃん!!

 

…まあ最悪、ドライヤーかければいいよね

 

 

 

そんなことを考えていた時、ふと頭の中を子供時代の思い出がよぎりました。

まだ未就学児だったころ、風船に新聞紙を貼っていって、乾くとすごく固くなってて、それをハサミでばりばり切って、真っ二つにして、そこから先はよく覚えてない

 

たぶん、あれでいけるんじゃないかなと

調べるとそれは張り子という伝統工芸?を元にした知育?お面作り?だったみたいです

 

 

 

ガジャブーのお面ってホントは粘土だと思うんですが、まあ粘土は重いし、紙粘土とかぼろぼろ崩れてくのやだし、それに張り子でも粘土みたいなことはできたはず…

 

うん、こういう経験知ってすごく大事

 

知識でしか知らないことって、想定外がよく起きる

そして二週間という限られた期間をふまえると、想定外で時間を食われたり、トライ&エラーを繰り返しながら完成度を上げていく余裕はない

分かっていることを、分かっている範囲内で納めるには、やったことがあること、失敗が存在しないことが大前提

 

 

 

今まで木星人やらナビル―星人やらチャチャブー星人やら怪しい住人は作ってきましたが、どの作品においても必ず「最初の一回」は存在し、それは時には杞憂に終わったり、時には失敗を経てスキルアップに繫がったり、そして時には想定外が他の作業を侵食し、頭の中の設計図を根本から作り変える必要が出てきたりする。

 

一言でいうと、1つ目を放棄して、2つ目を作った方が早かったりする

 

20130112-094656_22924730-2-1_32-1581813_DOWNLOADx1

 

運がいいことに、張り子という伝統技法を使うことにより、ガジャブーの本来のお面の作り方として「本当は張り子で作っている可能性もある」という解釈もできたりする

 

その場合、「私」が失敗しても、それは「ガジャブーが失敗した」のであって、つまりガジャブーのお面を張り子で作る際において、失敗という概念は存在しない。

むしろ、綺麗に完成しすぎるようであれば(まあ、あり得ないことだけど)、わざと失敗部分を作る必要さえある

 

 

 

つまり、私もオトモのヤツラのようにべたべたろくろを回してればよいのだ

本当は、縄文土器とか、すごく技術的に高度で繊細で安定した装飾技術で作ってあるんとは思うけど、それじゃだめなのだ

 

へたうまでないとだめなのだ

 

 

 

 

 

よし勇気でてきた

作る

作って、出来は精神力でカバーする!

 

最大の敵は梅雨の湿度天気予報

今すぐに、睡眠を削って作り、乾燥の合間に日常生活のまねごとをしなければならない

 

止まっている時間も、考えてる時間も全てが惜しい

 まずは、型枠から…

IMG_4892

 

えーと

ゴミ箱のフタです

大きさ的にはこんなものかな、と思ったのですが、なんかよく見るとオトモの顔って大きいんだよね…

 

しろみ104

あとかぶって動ける獅子舞仕様に、てあれもあったので、なんかどうにかして少し大きくしていきます

なんかシルエットももっと壺っぽくしないとだし

 

 

IMG_4909

 

 サランラップがすっごい便利なことに気づきました

なくなって怒られたけど

 

IMG_4916

 

なーんか、半球体でなくてもっとのっぺりした感じにしないとなんだけど、なんかもうね

どうせこの上に貼っていくわけだし、てか疲れたしこれ

もう厚み作れるものないわよ

 

 

 

第一、初週で乾いた状態で原型完成(あとは塗装だけの状態)までもってくという工程が大前提なので、最悪クオリティの優先順位は下げなくちゃならんわけです

ほら、MH:Wのインタビューだって「もっとちょーつくれるんだけどなんかどっかできってかないといつまでたってもはんてぃんぐできないじゃん」みたいなこと言ってたし

 

から見た時の厚みこんなん

IMG_4938

 

 

段ボールとかプケプケプチプチで厚み出そうとしてる感じがもう末期を思わせますね

あんまもうこの辺記憶ないです

写真見て思い出したくらいです

だいぶ焦ってたんでしょうね

 

 

 

これらの作業と平行して、張り子をお試しで作ってみます

今回のネックは梅雨の天気なので、なるべく乾燥できる時間を無駄にしてはならないのです

てなことも、写真見てようやく思い出しました。

相当焦ってたんでしょうね

 

材料は書道用の一番安い半紙、木工用ボンド、水

IMG_4939

これは裏面

IMG_4944

 

 

思ったより楽だったようです

半紙10枚も重ねれば、小物ならやりすぎなくらいの強度

・かたい、殴ると痛い、厚い部分はハサミもあまり通らない

・曲げにもかなり強い。かぶれるサイズでの強度はまだよく分からないが、作った後から内側に張り子をすれば補強できる

・てか内側はハリで支えるのがまさにハリボテって感じのあれじゃなかったっけ?知らんけど

・型に凹凸を作る際、5mmの凹凸だとあんま変わらないなって感じ、1cmだとめっちゃ段差できる

・表面は結構ってかんじだけど、丁寧にやればそうとう分からなくなるし、たぶん雑にやれば粘土みたいにもできる

・乾燥後はヤスリで削れる

ドリルで穴開けられる。穴に紐通してぶん回しても大丈夫なくらいの強度。穴の中を瞬間接着剤で固めることもできる

・パテはつくけど、パテがふにゃふにゃなのでなんかまあパテって初めて使ったしなんか今作でいきなり使うのは不安残るかな

・軽い。思ったよりは全然軽い

ドライヤーで乾燥可

・乾いたと思ってもさらにそこから数日がかりで湿気が抜け、どんどん軽くなっていく。たぶん密封しとくとカビる

・型から外すと裏面はまだまだ湿気てて、柔らかい。両面乾燥すると早そう

 

 

 

 

張り子ができればあとは色を塗るだけ

なんとなーく今回の作品を作る全体の工程が見えてきました

 

 

で、型作りの続き

IMG_4957

球体っぽさを消すべく、偏った感じで厚みを作っていきました。ようです

この辺も写真見て初めて思い出しました

めっちゃ焦ってたんでしょうね

 

パッと見はまだまだですが、シルエットで見るとかなり球体から脱却しつつある感じがお分かりいただけるでしょうか?

私はしばらく分かりませんでした

なんでこんな写真撮ってあるんだ?って思いました

めちゃくちゃ焦ってたんでしょうね

 

 

IMG_4972

 

紋様描いたらだいぶマシになりました。

同時に、なーんか全然ちげーなっていうのもこの辺で思ってきたと思います

 

 

 

一つには撮影距離の問題があります

近くで撮影すると、出っ張った口部分に隠れて顔が見えなくなるのです

遠くから見れば、つまりゲーム中目にする姿では、もうちょっと顔全体が見えると思うのです

東京スカイツリーが遠くからは見えるのに、近くに行くとビルに隠れちゃうのと同じ原理です

たぶん。知らんけど

 

スマホをなるべく遠くに離して、ズーム機能を使って大きくすると、なぜかだいぶマシに見える現象を確認したので、たぶんそういうことかなあと推測しました。

実際に遠くから見るのは、おうちのつごうでむりなので!わかりません!!むり!!!

 

 

 

もう一つには、視点の問題があります。

お面としてみると、当然正面から見るわけですが、ゲーム中にガジャブー見るときって上から見下ろしてると思うんですよね

上から見たら、かなりそれっぽく見えるので、たぶんそういうことかと。

 

でも、お面を上から見るためには単純に上から見るしかないわけで、まあ上空から見るってことになるので!おうちのつごうでむりなので!!むり!!!むりだよ!!!

 

こっち側に傾けて固定して、離れて見れば良いじゃん

 

そう、ながーい廊下が家にあればね

むり!!!

なんかいけそうな気がするじゃん?

むーりーなーーーのーー!!!!!

思ったよ、いけそうな気がするって

みんな思うと思う!

でも、無理なんだ!

なんで無理かって?

 

それが分かったら解決するからだよ!

むり!

とにかく、むりなの!!

 

IMG_4968

ほら、むりじゃん!!

もう、次回へ続くよ!!

相当焦ってるんだからね!!!

 

 

【狩猟感謝祭】ガジャブーのお面作ってみたよ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

 

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ

ブログランキング応援よろしクエ!

 

LINEで送る

【PR】モンハン関連商品

にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ
ブログランキング参加中クェ!